オーガニック認定

食いつきのいいドッグフードは?

食いつきがいいドッグフードにはいくつかの理由があります。
まず第一に、匂いです。
犬は味を感じることは出来ますが、人間よりも鈍く五分の一ほどしか感じることが出来ません。
そのため、一番食べ物で楽しめるのが嗅覚からということになります。
匂いが美味しそうでなければ、犬が食べ物として興味を示すことが出来ません。

嫌な匂いがしてしまうと逆に食欲減退に繋がってしまうのです。
では何が美味しそうな匂いだと感じるのかと言うと、肉の匂いがやはり美味しそうだと感じるようです。
肉から抽出されたエキスが入っているものは味覚としても美味しいとも感じるようなので、尚更食いつきがよくなります。
つまり、ドッグフードに含有されている肉のエキスがどれくらいなのか、その割合によって食いつきが変わっているのです。

多くのドッグフードには肉がどれくらいの割合で入っているのかは書かれていません。
特にドライフードでは、この肉要素が非常に少なくなっている傾向にあるため、食いつきが悪いことが多いのです。
製造業者のサイトなどで、含まれている肉の割合を記載しているところがあります。
一番多いメーカーでは、5割ほど含まれているのもありますので、調べて一度与えてみてもいいかもしれません。

また、やはり美味しいご飯を食べるとおやつをねだらなくなるそうです。
おやつの食べすぎできちんとご飯を食べないという場合もあるようなので、間食を控えられると言うことはダイエットや健康にもいい影響をもたらしてくれます。
肉の割合が多いものだと一度の食事量も多くならずに済むので結果的に食費が浮く形になります。
こういったドッグフードは海外のメーカーに多いようなので、ネットで調べて購入してみましょう。
その場合は定期購入などがあるので、割引などが適応される場合もあります。
もちろんその犬の体質にもよりますので、一度サンプルなどがあるようならば、色々請求して試してみるといいでしょう。
また気になるドライタイプと缶詰タイプのドッグフードの違いについての記事も参考にご覧ください。